ここでは、経理業務に役立つ「Excel操作」として、「Excelシートの保護手順」&「Excelシートの保護解除手順」を、下記の事項に従い、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

Ⅰ:「Excelシートの保護」手順

「Excelシートの保護」は、以下の手順で行います。

1、編集を可能とする特定のセル」又は「特定範囲のセル」を指定します。

2、「Excelシートを保護編集不可能に)するための操作」を行います。

以下、上記1、2の操作をご紹介させて頂きます。

 

1、編集を可能とする「特定のセル」又は「特定範囲のセル」の指定

1)「Excelでの初期設定」と『「Excelシート全体」を編集不可能とする場合』

Excelの初期設定では、「Excelシートの保護」を行った場合には、

「Excelシート」の『「すべてのセル」が編集不可能となる設定』になっております。

このため、「Excelシート全体」を編集不可能とする場合には、

下記2)でご紹介させて頂く『「特定セル」や「特定範囲のセル」を編集可能とする指定操作』は不要となります。

 

他方、「Excelシートの保護を行った場合であっても、
「Excelシート」の「特定のセル」や「特定範囲のセル」について、編集を可能変更削除を可能とするためには、下記(2)でご紹介させて頂きます
『「特定のセル」又は「特定範囲のセル」を編集可能とする指定』を行うことが必要となります。

 

2)「特定のセル」又は「特定範囲のセル」を編集可能とする指定手順

「Excelシートの保護」を行った場合であっても、
「Excelシート」の「特定のセル」や「特定範囲のセル」について、編集を可能変更削除可能)とするためには、

編集を可能としたい「特定のセル」や「特定範囲のセル」で、「下記でご紹介させて頂く手順」に従い編集を可能とする指定」を行うことが必要となります。

 

見出三角(大) 指 定 手 順

見出(見出矢印) 手 順 ①:「セルの書式設定」画面へのアクセス

編集可能としたい特定のセル」「特定範囲のセル」を選択して、右クリックします。

・右クリックを行うと、「ショートカットメニュー」が表示されます。

・この「ショートカットメニュー」で「セルの書式設定」を選択します。

・「セルの書式設定画面が表示されます。

編集可能指定:手順①

 

見出(見出矢印) 手 順 ②:「ロック」のチェックを外します

・「セルの書式設定」画面の「保護タブを選択します。

・「保護」タブの「ロック」に✔が入っているので、この✔を外します

・「セルの書式設定」画面の下部にある「OKボタンを押します。

編集可能指定:手順②

Point ! :「保護」タブにおける「ロック」の持つ意味

「保護」タブの「ロック」は、
シート保護を行った場合に『「編集を不可」とするための「ロックをかける」』という意味を持ちます。

このため、この『「ロック」を外す』ことにより、シートを保護した場合であっても「ロックを外したセル」は、編集不可とならず、編集可能となります。

 

以上の手順①②により、『編集可能とする「特定のセル」又は「特定範囲のセル」の指定』が完了します。

 

参考:「特定のセル」「特定範囲のセル」を編集する場合にパスワードを要求する指定

上記(2)でご紹介させて頂きました『「特定のセル」又は「特定範囲のセル」を編集可能とするための指定』は、
「Excelシートの保護」を行った場合であっても、「指定した特定のセル・特定範囲のセル」は「無条件編集が可能となる指定」となります。

他方、Excelには、『編集可能とする「特定のセル」「特定範囲のセル」』の編集を行う場合に『「パスワードの入力」を要求する編集可能指定』の機能があります。

より厳重にExcelシートの編集制限を行いたい場合には、
「上記(2)でご紹介させて頂きました指定」に代えて、当該「パスワード付きの編集可能指定」を行って下さい。

 

見出三角(大) 指 定 手 順

見出(見出矢印) 手 順 ①:「範囲の編集の許可」画面へのアクセス

編集可能としたい特定のセル」「特定範囲のセル」を事前に選択します。

・Excel上部にある「タブ」で「校閲」を選択します。

・「タブ」の下にある「リボン」で「範囲の編集を許可する」を選択します。

・「範囲の編集の許可画面が表示されます。

見出(見出矢印) 手 順 ②:「編集時に要求するパスワード」等の設定

・「範囲の編集の許可」画面の「新規ボタンを押します。

・「新しい範囲画面が表示されます。

・この画面で以下の事項を確認・設定します。

ⅰ)「範囲の名前」を設定します。

初期設定として「範囲1」という名称が設定されます。
⇒「独自の名称」を設定する場合には、「その名称」を入力します。

ⅱ)「セル参照」を確認します。

⇒「パスワード付きで編集可能とするセルの番地」が表示されています。
⇒上記手順①で選択した特定のセル」や「特定範囲のセル」の番地』が入力されていますので、『編集可能としたい「特定のセル」や「特定範囲のセル」の番地』が入力されていることを確認して下さい。
⇒「参照する番地を変更する」場合には、右側の「上矢印マークを押して、「参照する番地」を変更して下さい。

ⅲ)「特定のセル」や「特定範囲のセル」を編集する場合に要求するパスワード」を設定します。

・上記の確認・設定が完了したら、「新しい範囲」画面の下部にある「OKボタンを押します。

見出(見出矢印) 手 順 ③:「パスワード」の再入力

・上記の手順②の設定が完了すると、「パスワードの確認画面が表示されます。

・上記手順②において「設定したパスワード」を再度入力します。

・入力が完了したら、「パスワードの確認」画面の下部にある「OKボタンを押します。

パスワード付きの編集可能指定手順

 

見出三角(大) 指 定 効 果

上記の「編集時においてパスワードを要求する編集可能指定」を行った場合には、
「シート保護」がなされいる下で『編集可能な「特定のセル」や「特定範囲のセル」』を変更・削除しようとする場合には、上記の「手順②で設定したパスワード」の入力が求められます。

パスワード付きの編集可能指定の効果

 

2、Excelシートを保護するための操作

上記1で『編集可能とする「特定のセル」又は「特定範囲のセル」の指定』が完了した後には、Excelシート自体に「編集不可能とするためのシート保護」を掛けます。

「Excelシートを保護するための操作」は、以下の手順で行います。

 

見出(見出矢印) 手 順 ①:「シートの保護」画面へのアクセス

・Excel上部にある「タブ」で「校閲」を選択します。

・「タブ」の下にある「リボン」で「シートの保護」を選択します。

・「シートの保護」を選択すると、「シートの保護画面が表示されます。

シート保護:手順①

 

見出(見出矢印) 手 順 ②:「シート保護」画面での設定

・「シート保護」画面では、以下の事項を確認・設定します。

ⅰ)シート保護を解除する場合に必要となる「パスワード」を入力します。

⇒「シート保護を解除する場合のパスワード」を設定する場合には、この欄にパスワードを入力します。
⇒この欄にパスワードを入力しない場合には、「シートの保護解除を行う場合のパスワード入力」は要求されません

ⅱ)「シートとロックされたセルの内容を保護する」に✔が入っていることを確認します。

ⅲ)「シートを保護した場合であっても許可する操作」を選択します。

⇒ここで✔をつけた操作につきましては、シートを保護した場合であっても、セル等に対して制限なく操作を行うことができます

・上記の確認・設定が完了したら、「シートの保護」画面の下にある「OKボタンを押します。

シート保護:手順②

 

見出(見出矢印) 手 順 ③:「パスワード」の確認入力

・上記の手順②の設定が完了すると、「パスワードの確認画面が表示されます。

・上記手順②において「設定したパスワード」を再度入力します。

・入力が完了したら、「パスワードの確認」画面の下部の「OKボタンを押します。

シート保護:手順③

Point ! : 「パスワードの設定」につきまして

「シートの保護を解除するために設定したパスワード」を忘れてしまった場合には、
「シートの保護」を解除することができなくなります

このため、「パスワードを設定」する場合には、
必ず「設定したパスワード」を何らかの方法(別に記録しておく等)により管理しておいて頂ますようお願い致します。

 

3、「Excelシートの保護」効果

上記1、2の手順により「Excelシートに保護」が掛けられた場合には、

ロックが掛けられているセル上記1の手順編集可能の指定をしていないセル)」は、編集(変更・削除等)ができなくなります。

シート保護の効果

 

 

Ⅱ:「Excelシートの保護解除」手順

上記Ⅰにより「Excelシートに保護が掛けられている場合」に「その保護を解除」するためには、下記の手順に従って操作を行います。

 

見出(見出矢印) 手 順 ①:「シート保護の解除」画面へのアクセス

・Excel上部にある「タブ」で「校閲」を選択します。

・「タブ」の下にある「リボン」で「シート保護の解除」を選択します。

・「シート保護の解除」を選択すると、「シート保護の解除画面が表示されます。

シート保護解除:手順①

 

※ 「Excelシートに保護が掛かっている場合」には、
Excel上部にある「校閲」には、「シートの保護」ではなく「シート保護の解除」という項目が表示されます。

 「シートの保護」を行う操作において、「パスワードが設定されていない」場合には、
上記手順①の「シート保護の解除を選択した時点で、シートの保護は解除されます

 

見出(見出矢印) 手 順 ②:「パスワード」の入力

「シート保護の解除」画面に「シート保護時に設定したパスワード」を入力します。

シート保護解除:手順②

 

上記の①②の手順により、「シートに掛けられていた保護」は解除されます。

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

経理業務でExcelを利用する場合には、数式・関数等を入力して定型的な自動計算を行っていることが多く、
このような場合には、「特定のセル」等に入力されている「定型的な計算式」を誤って変更・削除しないように編集制限を掛けておくことが必要となる場合が多くあります。

このような「編集制限を掛けたい」時に使える機能として、Excelには「シートの保護機能」というものがありますので、
「Excelシートの全体」又は「特定のセル」に編集制限を掛けたい場合には、是非この「シート保護機能」をご利用頂ければ良いのではないかと考えます。

 

「Excelシート全体」に編集制限を掛ける場合

『「Excelシート全体」に編集制限を掛ける場合』には、事前における「編集可能指定」は不要となりますので、上記Ⅰ-2でご紹介させて頂いております「Excelシートを保護するための操作」のみを行うことで、編集制限が完了します。

 

「Excelシートの一部」を編集可能とする場合

「Excelシートの保護」を行った場合であっても、「特定のセル」や「特定範囲のセル」に対しては、編集制限を外したい場合には、「Excelシートを保護するための操作」の前に、
上記Ⅰ-1でご紹介させて頂いております『「特定のセル」又は「特定範囲のセル」を編集可能とする指定操作』が必要となります。

 

「Excelシートの保護」を解除する場合

「Excelシートの保護」を解除する場合には、上記Ⅱでご紹介させて頂きました手順により、簡単に「Excelシートの保護」を解除することができます。

ただし、『「Excelシートの保護」を行う際に「パスワード」を設定している場合』には、「Excelシートの保護解除」を行う場合に、当該「パスワード」の入力が必要となるため、仮に「パスワード」を忘れてしまった場合には、「Excelシートの保護解除」ができなくなるリスクが存在します。

このため、「Excelシートの保護」にあたって「保護解除パスワード」を設定する場合には、くれぐれも「保護解除パスワード」の適切な管理を行って頂きますようお願い致します。

なお、「Excelシートの保護」を行う場合には、そもそも「保護解除パスワード」を設定しないこともできますので、
「保護解除パスワード」の管理に自信がない場合には、当該「保護解除パスワード」を設定しないこともお考え頂ますようお願い致します。
(「保護解除パスワード」を設定しない場合であっても、「Excelシートの保護解除」には、上記Ⅱの手順①でご紹介させて頂いた操作は必要となるため、不注意で編集してしまうことに対しては有効な編集制限となります。)