ここでは、生命保険料の「保険料控除申告書」への記載方法を、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

「生命保険料」の「保険料控除申告書」への記載概要

「生命保険料」につきましては、

  • 各保険料の種類ごと
  • 一般生命保険料個人年金保険料につきましては、)新生命保険料・旧生命保険料ごとに、
  • 生命保険料全体で、

それぞれ「所得から控除できる金額を計算することが必要となります。

 

このため、「生命保険料」につきましては、以下のStepに従って「保険料控除申告書」に記載することが必要となります。

Step1:「生命保険料控除証明書」から、生命保険料の種類ごとに「契約内容」「生命保険料控除証明金額」等を記載する。

矢印(赤)

Step2生命保険料の種類ごと及び新旧制度ごとに「生命保険料の控除証明金額」を集計する

矢印(赤)

Step3新旧制度ごと及び生命保険料の種類ごとに「所得から控除できる金額所得控除額)」を計算する。

矢印(赤)

Step4生命保険料全体で所得から控除できる金額所得控除限度額)」を計算する。

 

保険料控除申告書(生命保険):生命保険料の記載方法(全体)

 

以下におきましては、このStepごとに『「生命保険料」の「保険料控除申告書」への記載方法』をご紹介させて頂きます。

 

 

Step1:「契約内容」「生命保険料控除証明金額」等の記載

まずStep1では、

生命保険会社から送付されてくる「生命保険料控除証明書に記載されている契約内容」「生命保険料控除証明金額」を

生命保険の種類ごとに「保険料控除申請書」に記載することが必要となります。

 

具体的な記載項目は、以下のものとなります。

① 保険会社等の名称  ② 保険の種類  ③ 保険期間(年金支払期間)  ④ 保険契約者の氏名※1

⑤ 保険金等の受取人の氏名※2個人年金の場合には年金支給開始日) ⑥ 保険金等の受取人本人との続柄※2

新生命保険であるか・旧生命保険であるか※3  ⑧ 「保険控除証明書」に記載されている証明金額※4

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST1

 

見出4 確認・留意事項                               

見出三角(小) ※1「保険契約者の氏名」の記載につきまして

①「保険契約者」につきましては、「保険料控除申告書を提出されるご本人以外の方であっても問題ありません

② ただし、「保険料控除申告書」に記載することができる「生命保険料」は、「保険料控除申告書を提出されるご本人」がその保険料を支払っていることが必要となります。

 

見出三角(小) ※2「保険金・年金等の受取人」の記載につきまして

①「一般生命保険」「介護医療保険」につきましては、「生命保険の保険金の受取人」は、

  • 「保険料控除申告書を会社に提出されるご本人」であるか、
  • 又は「ご本人の配偶者」であるか、
  • 又は「ご本人の親族6親等以内の血族3親等以内の姻族)」であることが必要となります。

 

②「個人年金保険」につきましては、「年金の受取人」は、

  • 「保険料控除申告書を会社に提出されるご本人」であるか、
  • 又は「ご本人の配偶者」であることが必要となります。

このため、「保険金・年金等の受取人」を「保険料控除申告書」に記載される場合には、この点につきご確認頂きますようお願い致します。

 

見出三角(小) ※3:「新生命保険料・旧生命保険料金」の記載につきまして

一般生命保険料」「個人年金保険料」につきましては、

「所得から控除することができる生命保険料」は、「新生命保険料」「旧生命保険料ごとに計算することが必要となります。(下記Step3をご参照ください。)

このため「当該箇所の記載」は重要な記載となりますので、保険会社から送付されてくる「保険料控除証明書をご確認頂き、適切にご記入頂きますようお願い致します。

 

見出三角(小) ※4:「保険料控除証明金額」の記載につきまして

①「生命保険料控除証明書」に「剰余金の分配」や「割戻金」が記載されている場合には、

配当金・剰余金の分配金額」や「割戻金額」を「差引いた後の金額」が「生命保険料控除証明金額」となります。

 

②「保険料控除申告書」に記載する「保険料控除証明金額」は、

原則、「12月末日までに払い込まれる払込見込額」を記載することとなります。

ただし、「12月末までの払込見込額」のうち、12月末日までに払い込みがなされていない金額がある場合には、

「保険料控除申告書」に記載する「保険料控除証明金額」は、
『「払込見込額」から「未払分」を「控除した金額」』を記入することが必要となります。

 

例示1:「一般生命保険料」「介護医療保険料」の記載事例 ⇒   

 

例示2:「一般生命保険料」の記載事例          ⇒   

 

例示3:「個人年金保険料」の記載事例          ⇒   

 

例示4:「個人年金保険料」の記載事例          ⇒   

 

 

Step2:「生命保険料の種類ごとの合計金額」の集計&記載

Step2におきましては、

Step1によって「生命保険料の種類(一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料)」ごとに記載された「保険料証明金額を集計し

保険料控除申告書」の「下記箇所」にその「合計金額を記載します

なお、

一般生命保険料」及び「個人年金保険料」につきましては、
新生命保険料」「旧生命保険料に分けて、「合計金額」を集計・記載することが必要となります。

 

見出三角(小)   一 般 生 命 保 険 料 の 集 計  

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST2(一般生命保険料)

 

見出三角(小)   介 護 医 療 保 険 料 の 集 計  

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST2(介護保険料)

 

見出三角(小)   個 人 年 金 保 険 料 の 集 計  

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST2(個人年金保険料)

 

 

Step3:「所得から控除する生命保険料の金額(所得控除額)」の計算&記載

Step3におきましては、

Step2によって計算された「合計金額に基づいて、「生命保険料の種類ごとに所得から控除することができる生命保険料の金額所得控除額)」を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にその「所得控除額を記載します

 

以下におきましては、この「所得控除額の計算方法」及び「保険料控除申告書への記載方法」を、

の「3つの生命保険料の種類」に分けてご紹介させて頂きます。

 

1、「一般生命保険料の所得控除額」の計算&記載

「一般生命保険料の所得控除額」につきましては、以下の手順で計算されます。

手順1:「一般生命保険料」「一般生命保険料」ごとに、「所得から控除することができる金額所得控除額)」を計算します。

手順2:上記手順1で計算された「一般生命保険料の所得控除額」と「一般生命保険料の所得控除額」の「合計金額」を計算します。

手順3:上記手順2で計算された「一般生命保険料の所得控除額の合計額」と「一般生命保険料のみの所得控除額」とを比較し、「有利となる方」を最終的な一般生命保険料の所得控除額」とします。(有利選択

 

保険料控除申告書(生命保険):ST3の手順概要

 

手順1:「新・旧の一般生命保険料」ごとの「所得控除額」の計算&記載

一般生命保険料につきましては、Step2で「一般生命保険料の控除証明額の合計金額」「一般生命保険料の控除証明額の合計金額」が集計されますが、

見出(見出矢印:背景水色)これらの「控除証明合計額」をそのまま「所得控除額」とすることはできず、
見出(見出矢印:背景水色)控除証明合計額」から「所得から控除することができる一般生命保険料の金額」「所得から控除することができる一般生命保険料の金額」を計算することが必要となります。

このため、

「新一般生命保険料」「旧一般生命保険料」ごとに、「下記の計算表」に基づいて「所得から控除することができる一般生命保険料の金額」を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にこの「一般生命保険料の所得控除額」を記載します。

 

「新一般生命保険料の所得控除額」の計算&記載

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(新一般生命保険の所得控除額計算)

 

【新一般生命保険料の所得控除金額の計算表】

新一般生命保険料の控除証明合計額 所得から控除できる新一般生命保険料金額
20,000円以下の場合 控除証明合計額全額
20,000円超40,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/2 + 10,000円
40,000円超~80,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/4 + 20,000円
80,000円超の場合 40,000円

1円未満の端数は、「切り上げ」処理します。

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)新一般生命保険料の所得控除額の計算・記載例示  ⇒   

 

「旧一般生命保険料の所得控除額」の計算&記載

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(旧一般生命保険の所得控除額計算)

 

【旧一般生命保険料の所得控除金額の計算表】

旧一般生命保険料の控除証明合計額 所得から控除できる旧一般生命保険料金額
25,000円以下の場合 証明合計金額全額
25,000円超50,000円以下の場合 証明合計金額」 × 1/2 + 12,500円
50,000円超~100,000円以下の場合 証明合計金額」 × 1/4 + 25,000円
100,000円超の場合 50,000円

1円未満の端数は、「切り上げ」処理します。

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)旧一般生命保険料の所得控除額の計算・記載例示  ⇒    

 

手順2:「新・旧一般生命保険料の所得控除額」の「合計金額」の計算&記載

手順2では、

手順1で計算した「一般生命保険料の所得控除額」と「一般生命保険料の所得控除額」の「合計金額を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にこの「合計金額を記載します

なお、

『所得から控除することができる「一般生命保険料の所得控除額」と「一般生命保険料の所得控除額」の合計金額』は、4万円以内とされています。

従いまして、

『「一般生命保険料の所得控除額」と「一般生命保険料の所得控除額」の「合計金額」』が

見出丸(小:背景ハダ色) 4万円以下である場合には、
一般生命保険料の所得控除額合計金額」の全額』を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載し、

見出丸(小:背景ハダ色) 4万円を超える場合には、
「保険料控除申告書」の「下記箇所」への記載は、「4万円」となります。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(新・旧一般生命保険の所得控除合計額の計算)

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)新・旧一般生命保険料所得控除額の合計計算・記載例示  ⇒   

 

手順3:「有利選択」の記載

見出(見出矢印:背景水色)上記手順2で計算した「一般生命保険料の所得控除合計額」の限度額4万円となりますが、
見出(見出矢印:背景水色)他方、「一般生命保険料のみで計算した所得控除額」の限度額5万円となります。

このため、

一般生命保険料のみで計算した所得控除額」が4万円を超える場合には、

  • 一般生命保険料の所得控除合計額」を「一般生命保険料の所得控除額」とするよりも、
  • 一般生命保険料のみで計算した所得控除額」を「一般生命保険料所得控除額」とする方が有利となります。

(この「選択」を「有利選択」と言います。)

この「有利選択」を記載するために、

一般生命保険料の所得控除合計額」と「一般生命保険料のみで計算した所得控除額」を比較して

・その金額が「大きな方」を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載し、

・「選択された金額」を「最終的一般生命保険料の所得控除額」とします。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(一般生命保険料の有利選択)

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)「有利選択欄」の記載例示  ⇒   

 

 

2、「介護医療保険料の所得控除額」の計算&記載

介護医療保険料につきましては、Step2で「介護医療保険料の控除証明額の合計金額」が集計されますが、

見出(見出矢印:背景水色)これらの「控除証明合計額」をそのまま「所得控除額」とすることはできず、
見出(見出矢印:背景水色)控除証明合計額」から「所得から控除することができる介護医療保険料の金額」を計算することが必要となります。

このため、「介護医療保険料」につきましては、

下記の計算表」に基づいて「所得から控除することができる介護医療保険料の金額」を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にこの「介護医療保険料の所得控除額」を記載します。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(介護医療保険の所得控除額計算)

 

【介護医療保険料の所得控除金額の計算表】

介護医療保険料の控除証明合計額 所得から控除できる介護医療保険料金額
20,000円以下の場合 控除証明合計額全額
20,000円超40,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/2 + 10,000円
40,000円超~80,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/4 + 20,000円
80,000円超の場合 40,000円

1円未満の端数は、「切り上げ」処理します。

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)介護医療保険料の所得控除額の計算・記載例示  ⇒   

 

 

3、「個人年金保険料の所得控除額」の計算&記載

「個人年金保険料の所得控除額」につきましては、以下の手順で計算されます。

手順1:「個人年金保険料」「個人年金保険料」ごとに、「所得から控除することができる金額所得控除額)」を計算します。

手順2:上記手順1で計算された「個人年金保険料の所得控除額」と「個人年金保険料の所得控除額」の「合計金額」を計算します。

手順3:上記手順2で計算された「個人年金保険料の所得控除額の合計額」と「個人年金保険料のみの所得控除額」とを比較し、「有利となる方」を最終的な個人年金保険料の所得控除額」とします。(有利選択

 

保険料控除申告書(生命保険):ST3の手順概要(個人年金保険料)

 

手順1:「新・旧の個人年金保険料」ごとの「所得控除額」の計算&記載

個人年金保険料につきましては、Step2で「個人年金保険料の控除証明額の合計金額」「個人年金保険料の控除証明額の合計金額」が集計されますが、

見出(見出矢印:背景水色)これらの「控除証明合計額」をそのまま「所得控除額」とすることはできず、
見出(見出矢印:背景水色)控除証明合計額」から「所得から控除することができる個人年金保険料の金額」「所得から控除することができる個人年金保険料の金額」を計算することが必要となります。

このため、

「新個人年金保険料」「旧個人年金保険料」ごとに、「下記の計算表」に基づいて「所得から控除することができる個人年金保険料の金額」を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にこの「個人年金保険料の所得控除額」を記載します。

 

「新個人年金保険料の所得控除額」の計算&記載

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(新個人年金保険の所得控除額計算)

 

【新個人年金保険料の所得控除金額の計算表】

新個人年金保険料の控除証明合計額 所得から控除できる新個人年金保険料金額
20,000円以下の場合 控除証明合計額全額
20,000円超40,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/2 + 10,000円
40,000円超~80,000円以下の場合 控除証明合計額」 × 1/4 + 20,000円
80,000円超の場合 40,000円

1円未満の端数は、「切り上げ」処理します。

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)新個人年金保険料の所得控除額の計算・記載例示  ⇒   

 

「旧個人年金保険料の所得控除額」の計算&記載

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(旧個人年金保険の所得控除額計算)

 

【旧個人年金保険料の所得控除金額の計算表】

旧個人年金保険料の控除証明合計額 所得から控除できる旧個人年金保険料金額
25,000円以下の場合 証明合計金額全額
25,000円超50,000円以下の場合 証明合計金額」 × 1/2 + 12,500円
50,000円超~100,000円以下の場合 証明合計金額」 × 1/4 + 25,000円
100,000円超の場合 50,000円

1円未満の端数は、「切り上げ」処理します。

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)旧個人年金保険料の所得控除額の計算・記載例示  ⇒   

 

手順2:「新・旧個人年金保険料の所得控除額」の「合計金額」の計算&記載

手順2では、

手順1で計算した「個人年金保険料の所得控除額」と「個人年金保険料の所得控除額」の「合計金額を計算し、

保険料控除申告書」の「下記箇所」にこの「合計金額を記載します

なお、

『所得から控除することができる「個人年金保険料の所得控除額」と「個人年金保険料の所得控除額」の合計金額』は、4万円以内とされています。

従いまして、

『「個人年金保険料の所得控除額」と「個人年金保険料の所得控除額」の「合計金額」』が

見出丸(小:背景ハダ色) 4万円以下である場合には、
個人年金保険料の所得控除額合計金額」の全額』を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載し、

見出丸(小:背景ハダ色) 4万円を超える場合には、
「保険料控除申告書」の「下記箇所」への記載は、「4万円」となります。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(新・旧個人年金保険の所得控除合計額の計算)

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)新・旧個人年金保険料所得控除額の合計計算・記載例示  ⇒   

 

手順3:「有利選択」の記載

見出(見出矢印:背景水色)上記手順2で計算した「個人年金保険料の所得控除合計額」の限度額4万円となりますが、
見出(見出矢印:背景水色)他方、「個人年金保険料のみで計算した所得控除額」の限度額5万円となります。

このため、

個人年金保険料のみで計算した所得控除額」が4万円を超える場合には、

  • 個人年金保険料の所得控除合計額」を「個人年金保険料の所得控除額」とするよりも、
  • 個人年金保険料のみで計算した所得控除額」を「個人年金保険料所得控除額」とする方が有利となります。

(この「選択」を「有利選択」と言います。)

この「有利選択」を記載するために、

個人年金保険料の所得控除合計額」と「個人年金保険料のみで計算した所得控除額」を比較して

・その金額が「大きな方」を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載し、

・「選択された金額」を「最終的個人年金保険料の所得控除額」とします。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST3(個人年金保険料の有利選択)

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)「有利選択欄」の記載例示  ⇒   

 

 

Step4:「生命保険料全体の所得控除合計額」の集計&記載

最終のStep4として、

Step3で計算された

一般生命保険料所得控除額」「介護医療保険料所得控除額」「個人年金保険料所得控除額」をすべて合計し、

その「合計金額」を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載します。

なお、

『所得から控除することができる「生命保険料全体の所得控除合計額」は、12万円以内とされています。

従いまして、

『「生命保険料全体の所得控除合計額」』が

見出丸(小:背景ハダ色) 12万円以下である場合には、
『生命保険料全体の所得控除合計額」の全額』を「保険料控除申告書」の「下記箇所」に記載し、

見出丸(小:背景ハダ色) 12万円を超える場合には、
「保険料控除申告書」の「下記箇所」への記載は、「12万円」となります。

 

保険料控除申告書(生命保険):保険料控除申告書への記載例示ST4(生命保険料所得控除額の合計)

 

見出(見出矢印:背景水色)見出(見出矢印:背景水色)「全生命保険料所得控除合計額」の記載例示  ⇒   

 

 

「生命保険料控除金額の自動計算機」のご紹介

「保険料控除申告書への生命保険料控除の記載」のうち「生命保険料控除金額を自動的に計算する生命保険料控除金額の自動計算機」を、別途『生命保険料控除額の自動計算』で作成しております。

「生命保険料控除金額」につきましては、金額計算・保険料控除申告書への記載が、少々煩雑であることから、

  • 簡単に生命保険料控除金額を計算したい
  • 保険料控除申告書に記載した金額を確認したい

というような場合には、是非、当該リンクページの「生命保険料控除自動計算機」をご利用してみて下さい。

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

ここでは、生命保険料の「保険料控除申告書」への記載方法を、ご紹介させて頂いております。

保険会社から「生命保険料控除証明書」が送付されているような場合には、「保険料控除申告書」に『「生命保険料」に関する記載』をすることで、「年末調整」において「生命保険料の所得控除」を受けることができますので、

本文で記載させて頂きました「所得控除するための条件」や「保険料控除申告書への記載方法」をご確認の上、

「生命保険の所得控除額」を適切に「保険料控除申告書」にご記入頂ますようお願いいたします。

 

なお、「生命保険料」につきましては、様々な段階で「所得から控除できる金額」を計算することが必要となるため、

一見すると「保険料控除申告書」への記載が煩雑に見えますが、

「保険料控除申告書」への記載方法を段階的に見ていけば、それほど厄介なものでないため、

当該ページ等をご参考にして頂き、適切にご記入頂ますようお願い致します。