ここでは、弊会計事務所が配布させて頂いております『 Excel「勤怠管理簿」』における『「設定」シートへの入力項目の内容 』及び『「設定」シートへの入力を行うことによりなされる「自動転記・自動計算の内容」』につき、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。

 

 

▶ なお、当該ページは『 Excel「勤怠管理簿」の配布 』というページを補完するものとなります。

 

 

▶ 「設定」シートへの入力項目

「設定」シートへは、以下の事項の入力が必要となります。

 勤怠管理を行う従業員等の「氏名」の入力

 「所定労働時間所定始業時刻所定終業時刻所定休憩時間)」の入力

 「週単位の法定時間外労働時間」の把握に必要となる情報の入力

  • ③-1: 「1週間あたり法定労働時間」の入力
  • ③-2: 「前月からの繰越労働時間」の入力
  • ③-3: 「前月からの繰越時間外労働時間」の入力

 「給与計算対象期間(勤怠時間の集計対象期間)の日数」の選択入力

 「翌月の初日」が「法定休日に該当するかどうかの選択入力

 勤怠管理簿における「出勤/欠勤」「始業」「終業」「法定休日等」の欄の追加入力

 

サンプル勤怠管理簿:設定シートの説明

 

以下では、それぞれにおける「入力項目内容」及び「それにより行われる自動転記自動計算内容」をご紹介させて頂きます。

 

 

Ⅰ:「氏名」の入力

1、「氏名」欄への入力項目

「設定」シートの【 氏名 には、

勤怠管理を行う対象となる従業員等の「 氏名 」を入力して下さい。

 

2、『「氏名」欄への入力 』により行われる自動転記

◆ 『「勤怠管理簿」シートの「氏名」欄 』への自動転記 ◆

「氏名」欄に入力された氏名は、

勤怠管理簿シートの「氏名に自動転記されます。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):氏名入力

 

 

Ⅱ:「所定労働時間」の入力

1、「所定労働時間」欄への入力事項 & 自動計算事項

◆ 「所定労働時間」欄への入力事項 ◆

「設定」シートの【 所定労働時間 には、

・「始業時間に「所定始業時刻

・「終業時間に「所定終業時刻

・「休憩時間に「所定休憩時間」を入力して下さい。

 

◆ 「所定労働時間」の自動計算 ◆

なお、上記の入力がなされた場合には、

『「設定シートの「所定労働時間』では、

「所定終業時刻」から「所定始業時刻」及び「所定休憩時間」を控除した「所定労働時間」が自動計算されます。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):所定労働時間の自動計算

 

2、『「所定労働時間」欄への入力 』により行われる自動転記

◆ 「勤怠管理簿」シートへの自動転記 ◆

「設定」シートの【 所定労働時間 】欄に入力された「所定始業時刻」「所定終業時刻」「所定休憩時間」は、

『「勤怠管理簿シートの「出勤/欠勤」欄 』で、「出勤休日出勤振替出勤等」の出勤項目選択された場合に、

勤怠管理簿シートの「始業時刻」欄、「終業時刻」欄、「休憩時間5~22時)」欄に自動転記されるものとなります。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):所定労働時間の自動転記

 

 

Ⅲ-1:「1週間あたりの法定労働時間」の入力

1、「「1週間あたりの法定労働時間」の入力

アクセント三角(小:背景透明)「設定」シートの【 週単位の時間外労働 の「1週間あたりの法定労働時間には、

会社に適用される「1週間あたりの法定労働時間」を入力して下さい。

 

アクセント三角(小:背景透明) なお、「労働基準法」等で定められている「1週間あたりの法定労働時間」には、

一般の会社(事業場)」に対して適用される40時間という「法定労働時間」と
特例措置対象事業場」に対して適用される44時間という「法定労働時間」の

2種類の「法定労働時間」がありますので、

「1週間あたりの法定労働時間」を入力する場合には、

会社に適用される1週間あたりの法定労働時間40時間又は44時間)」をご確認のうえ入力して下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):法定労働時間の入力

 

◆ 「1週間あたりの法定時間外労働時間」の入力の必要性 ◆        

 

2、『「1週間単位の法定労働時間」欄への入力 』により行われる自動転記

◆ 「集計補助」シートの「1週間単位の法定労働時間」欄への自動転記 ◆

「設定」シートの【1週間あたりの法定労働時間】に記載された「法定労働時間」は、

集計補助シートの【 Ⅰ:1週間単位での労働時間と時間外労働の集計 】の「1週間単位の法定労働時間自動転記されます。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):法定労働時間の自動転記

 

◆ 「1週間単位の法定労働時間」の入力と転記の仕組み ◆        

 

 

Ⅲ-2:「前月からの繰越労働時間」の入力

1、「設定」シートの「前月からの繰越労働時間」欄への入力

アクセント三角(小:背景透明)当月の「1週目」』が「前月の給与計算対象期間」と「当月の給与計算対象期間」に跨るような場合には、
   (すなわち、『 当月の給与計算対象期間の「初日」』が「1週目2日目以降」から始まるような場合には、)

『「設定シートの【 週単位の時間外労働 の「前月からの繰越労働時間 』に、

前月から繰り越すことが必要となる労働時間」を入力して下さい。

 

アクセント三角(小:背景透明) なお、当該『「設定」シートの「前月からの繰越労働時間」欄に入力する時間 』は、

『「前月の勤怠管理簿」の「勤怠管理簿シート右上の「次月への繰越労働時間 』に自動集計されていますので、

上記の入力を行う場合には、

『「前月の勤怠管理簿」の「勤怠管理簿シート 』を参照して入力を行って頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):前月からの繰越労働時間の入力

 

◆ 「前月からの繰越労働時間」の入力の必要性 ◆         

 

2、『「前月からの繰越労働時間」欄への入力 』により行われる自動転記

◆ 「補助集計」シートの「労働時間集計」欄への自動転記 ◆

『「設定」シートの「前月からの繰越労働時間」欄に入力された「時間」』は、

集計補助シートの【 Ⅰ:1週間単位での労働時間と時間外労働の集計 】の『「1週目」の「前月繰越の「労働時間集計』に自動転記されます。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):前月からの繰越労働時間の自動転記

 

◆ 「前月からの繰越労働時間」の入力と転記の仕組み ◆        

 

 

Ⅲ-3:「前月からの繰越時間外労働時間」の入力

1、「設定」シートの「前月からの繰越時間外労働時間」欄への入力

アクセント三角(小:背景透明)当月の「1週目」』が「前月の給与計算対象期間」と「当月の給与計算対象期間」に跨るような場合には、
   (すなわち、『 当月の給与計算対象期間の「初日」』が「1週目2日目以降」から始まるような場合には、)

『「設定シートの【 週単位の時間外労働 の「前月からの繰越時間外労働 』に、

前月から繰り越すことが必要となる「(日単位の法定時間外労働時間」』を入力して下さい。

 

アクセント三角(小:背景透明) なお、当該『「設定」シートの「前月からの繰越時間外労働」欄に入力する時間 』は、

『「前月の勤怠管理簿」の「勤怠管理簿シート右上の「次月への繰越時間外労働 』に自動集計されていますので、

上記の入力を行う場合には、

『「前月の勤怠管理簿」の「勤怠管理簿シート 』を参照して入力を行って頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):前月からの繰越時間外労働時間の入力

 

◆ 「前月からの繰越時間外労働時間」の入力の必要性 ◆        

 

2、『「前月からの繰越時間外労働時間」欄への入力 』により行われる自動転記

◆ 「補助集計」シートの「日単位時間外労働時間」欄への自動転記 ◆

『「設定」シートの「前月からの繰越時間外労働時間」欄に入力された「時間」』は、

集計補助シートの【 Ⅰ:1週間単位での労働時間と時間外労働の集計 】の『「1週目」の「前月繰越の「日単位時間外労働時間』に自動転記されます。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):前月からの繰越時間外労働時間の自動転記

 

◆ 「前月からの繰越時間外労働時間」の入力と転記の仕組み ◆        

 

 

Ⅳ:「給与計算対象期間(勤怠時間の集計対象期間)の日数」の入力

1、「勤怠集計対象日数」欄への入力事項

「設定」シートの【 勤怠集計対象日数 には、

給与計算対象期間勤怠時間の集計対象期間)の日数」を入力して下さい。

 

アクセント三角(小:背景透明) なお、上記の入力にあたっては、

・【 勤怠集計対象日数 】欄には「 28日~31日 」がリスト表示されますので、

・『「給与計算対象期間(勤怠時間の集計対象期間)」に適合する日数 』をこの中から選択入力して下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):勤怠対象日数の選択入力

 

2、『「勤怠集計対象日数」欄への入力 』により行われる自動計算・自動表示

◆ 『「勤怠管理簿」シートで行われる「最終週の集計計算」への影響 』 ◆

アクセント三角(小:背景透明) 弊会計事務所が配布させて頂いております『 Excel「勤怠管理簿」』におきましては、

『「1週間単位の法定時間外労働時間を自動計算することを目的 』に、

勤怠管理簿シートにおいて、

  • その計算要素となる「(法定休日を除く)1週間の労働時間」や
  • その計算要素となるその週に行われた「(日単位の法定時間外労働時間」』を

自動集計する仕組みを設けておりますが、

 

『 当月の給与計算対象期間における「最終週」』につきましては、

更に、『「最終週の初日」から「当該箇所選択された日」まで 』を対象として

最終週に行われた「労働時間」や「(日単位の法定時間外労働時間」』を自動集計する仕組みを採っております。

 

アクセント三角(小:背景透明) このため、

  • 当該箇所で「28日」が選択された場合には、『「最終週の初日」から「28日」までに記録された時間 』を対象として、
  • 当該箇所で「29日」が選択された場合には、『「最終週の初日」から「29日」までに記録された時間 』を対象として、
  • 当該箇所で「30日」が選択された場合には、『「最終週の初日」から「30日」までに記録された時間 』を対象として、
  • 当該箇所で「31日」が選択された場合には、『「最終週の初日」から「31日」までに記録された時間 』を対象として、

勤怠管理簿シートで『「最終週に行われた労働時間」や 「最終週に行われた日単位の法定時間外労働時間」』が自動集計されることになります。

 

◆ 「勤怠管理簿」シートでの自動表示 ◆

「設定」シートの【 勤怠集計対象日数 】欄に「日数」が選択入力された場合には、

『【 勤怠集計対象日数 】欄で選択された「日数」』に応じて

『「勤怠管理簿」シートにおける「入力不要行」』に「網掛けが自動表示されます。

 

  「選択した日数」と「網掛け表示」の例示         

 

 

Ⅴ:「翌月の初日」が「法定休日」に該当するかどうかの選択入力

1、「翌月の初日が法定休日に該当するかどうか」欄への入力事項

「設定」シートの【 翌月の初日が法定休日に該当するかどうか 】欄には、

翌月の給与計算対象期間の「初日」』が

  • 法定休日に該当する 」か?
  • 法定休日に該当しない 」か?

のいずれかを選択入力して頂きますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):翌月初日が法定休日に該当するか否かの選択入力

 

◆ 「 翌月の初日が法定休日に該当するかどうか 」の入力の必要性 ◆       

 

2、『「翌月の初日が法定休日に該当するかどうか」欄への入力 』により行われる自動計算

アクセント三角(小:背景透明) 当該箇所で『「法定休日に該当する 』という選択がなされた場合には、

勤怠管理簿シートの「給与計算対象期間の最終日」に「24:00以降の労働時間が記録されると、

当該「最終日24:00以降の労働時間」は「(最終日の法定休日労働時間」として自動計算され

 

アクセント三角(小:背景透明) 他方、当該箇所で『「法定休日に該当しない 』という選択がなされた場合には、

勤怠管理簿シートの「給与計算対象期間の最終日」に「24:00以降の労働時間が記録されても、

当該「最終日24:00以降の労働時間」は「(最終日の通常労働時間法定休日労働時間以外の労働時間)」として自動計算されることになります。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):当月最終日における24時以降の労働の取扱

 

 

Ⅵ:「各種勤怠」欄の追加入力

1、『「設定」シートの「各種勤怠」欄 』における「初期設定項目」につきまして

アクセント三角(小:背景透明)「設定」シートにおきましては、

アクセント丸(小:背景透明)出勤/欠勤」欄   アクセント丸(小:背景透明)始業」欄   アクセント丸(小:背景透明)終業」欄   アクセント丸(小:背景透明)法定休日等」欄

という「各種勤怠を設けておりますが、

この「設定シートの『「各種勤怠入力した項目 』は、

勤怠管理簿シートの『「各種の勤怠自動的にリスト表示される項目 』となります。

 

アクセント三角(小:背景透明) また、弊会計事務所が配布させて頂く『 Excel「勤怠管理簿」』におきましては、

一般的な勤怠管理よく使用されると思われる項目」を、以下のように予め『「設定」シートの「各種勤怠」欄 』に設定しております。

出勤/欠勤欄 :「出勤」「休日出勤」「振替出勤」「欠勤」「振替休日」「1日有給」「部分有給

始業     :「早出」「遅刻」「遅出

始業     :「早退」「残業

法定休日等  :「法定休日

 

アクセント三角(小:背景透明) このため、これら『「設定シートで「初期設定した項目」』につきましては、

当初から、「勤怠管理簿シートの「出勤/欠勤」欄、「始業」欄、「終業」欄、「法定休日等」欄 にリスト表示されております。

 

2、「各種勤怠」欄への「項目」の追加設定

アクセント三角(小:背景透明) 弊会計事務所が配布させて頂く『 Excel「勤怠管理簿」』では、

上記1でご紹介させて頂きましたように、『「設定」シートの「各種勤怠」欄に「初期設定されている項目」』が、『「勤怠管理簿」シートの「各種勤怠」欄 』にリスト表示されますが、

 

アクセント三角(小:背景透明) それぞれの会社では、「上記の初期設定項目」以外にも『「勤怠管理」を行う上で把握しておきたい勤怠項目 』もあると思いますので、

このような場合におきましては、

『「設定シートの「各種勤怠 』に『「勤怠管理」を行う上で把握しておきたい勤怠項目を追加して頂ますようお願い致します。

なお、「設定」シートの『「各種勤怠」欄 に「追加された項目」』は、

(「初期設定項目」と同様)『「勤怠管理簿シートの「各種の勤怠 』に自動的にリスト表示されることになります。

 

  『「追加項目」の設定 』と『「勤怠管理簿」シートでのリスト表示 』の例示          

 

◆ 「出勤/欠勤」欄に項目を追加する場合の注意点 ◆

アクセント三角(小:背景透明) 弊会計事務所が配布させて頂く『 Excel「勤怠管理簿」』におきましては、

アクセント矢印(背景透明)勤怠管理簿シートの「出勤/欠勤 で、

出勤」「休日出勤」「振替出勤」など『 その項目名に「出勤」というキーワードが含まれている項目選択された場合には、

アクセント矢印(背景透明)勤怠管理簿シートにおける「始業時刻、「終業時刻、「休憩時間5~22時)」に、

所定始業時刻」「所定終業時刻」「所定休憩時間」が自動表示される仕組みを採っております。

 

アクセント三角(小:背景透明) 従いまして、

・「設定シートの「出勤/欠勤 に「項目を追加する場合であり、

・「勤怠管理簿シートで「その追加項目が選択された場合に、
 「勤怠管理簿シートに「所定始業時刻」「所定終業時刻」「所定休憩時間も自動的に表示させる設定を行う場合には、

『「その追加項目」の名称の中 』に「出勤」という単語を含むように設定して頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(設定シート):「出勤/欠勤」欄への「出勤」追加入力

 

3、『「各種勤怠」欄への「追加項目の入力」』により行われる自動転記

◆ 「補助集計」シートへの自動転記 ◆

アクセント三角(小:背景透明) 弊会計事務所が配布させて頂いております『 Excel「勤怠管理簿」』におきましては、

勤怠管理簿シートの『「各種勤怠 で「選択された項目」』の

・給与計算対象期間における「選択回数
・給与計算対象期間における「勤務時間を自動集計するために、

集計補助シートに【 Ⅲ 追加設定項目の集計 を設けております。

 

アクセント三角(小:背景透明) このため、『「設定シートの「各種勤怠 』に「新たな項目が追加された場合には、

・当該「追加項目」が『「勤怠管理簿」シートで「選択された回数」』や
・当該「追加項目」が『「勤怠管理簿」シートに「記録された時間」』を

『「集計補助シートの【 Ⅲ 追加設定項目の集計で自動集計するための準備として、

補助集計シートの【 Ⅲ 追加設定項目の集計に、

設定シートの『「各種勤怠 に「追加入力された項目名」』が自動転記されます

 

 『「追加項目」の設定 』と『「補助集計」シートへの転記 』の例示          

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

ここでは、弊会計事務所が配布させて頂いております『 Excel「勤怠管理簿」』における

  • 『「設定」シートへの入力項目の内容 』及び
  • 『「設定」シートへの入力を行うことによりなされる「自動転記・自動計算の内容」』を

ご紹介させて頂いておりますが、

 

この『「設定」シートに入力される項目 』は、
当該『 Excel「勤怠管理簿」』で『「各種の労働時間」を適切に自動計算するための「前提となる入力事項」』となりますので、

弊会計事務所が配布させて頂いております『 Excel「勤怠管理簿」』をご利用頂く場合には、当該ページを是非一読して頂き、
『「設定」シートに入力すべき項目 』の内容などをご理解していただいた上で、「当該シート」へ「必要事項」をご入力頂ますようお願い致します。

 

『「所定労働時間(所定始業時刻・所定終業時刻、所定休憩時間)」の入力 』につきまして

上記Ⅱでご紹介させて頂きました『「所定労働時間(所定始業時刻・所定終業時刻、所定休憩時間)」の入力 』は、
『「勤怠管理簿」シートで「勤怠時刻、休憩時間」を自動入力するために必要となる「前提入力事項」』となりますので、
「当該箇所への入力」につきましては、「勤怠管理簿」シートへの入力を行う前に、事前に適切に入力して頂ますようお願い致します。

 

『「週単位の法定時間外労働時間」の把握に必要となる情報の入力 』について

『「設定」シートの【 週単位の時間外労働 】欄に入力する項目 』である

  • Ⅲ-1: 「1週間あたりの法定労働時間」
  • Ⅲ-2: 「前月からの繰越労働時間」
  • Ⅲ-3: 「前月からの繰越時間外労働時間」  につきましては、

『「1週間単位の法定時間外労働時間の自動計算」を行うために必要となる「前提入力事項」』となりますので、
「当該箇所への入力」につきましては、(入力の必要がある場合には)必ず行って頂きますようお願い致します。

ただし、「これらの入力項目」につきましては『「勤怠管理簿」シートの入力作業自体には影響がない項目 』となりますので、
「勤怠管理簿」シートへの「勤怠状況」「勤怠時刻・時間」等の入力を行った後に、事後的に入力して頂いても結構です。

 

『「給与計算対象期間(勤怠時間の集計対象期間)の日数」の選択入力 』につきまして

上記Ⅳでご紹介させて頂きました『「給与計算対象期間(勤怠時間の集計対象期間)の日数」の選択入力 』につきましても、
『「最終週」に行われた「労働時間」や「(日単位の)法定時間外労働時間」を自動集計するために必要となる「前提入力事項」』となりますので、
「当該箇所への入力」につきましては、必ず行って頂きますようお願い致します。

なお、「この入力項目」につきましても『「勤怠管理簿」シートの入力作業自体には影響がない項目 』となりますので、
「勤怠管理簿」シートへの「勤怠状況」「勤怠時刻・時間」等の入力を行った後に、事後的に入力して頂いても結構です。

 

『「翌月の初日」が「法定休日」に該当するかどうかの選択入力 』について

上記Ⅴでご紹介させて頂きました『「翌月の初日」が「法定休日」に該当するかどうかの選択入力 』につきましても、

「勤怠管理簿」シートで『「最終日」の「法定時間外労働時間・深夜労働時間・法定休日労働時間・法定休日深夜労働時間」を自動計算するために必要となる「前提入力事項」』となるため、
「当該箇所への入力」につきましては、必ず行って頂きますようお願い致します。

なお、「この入力項目」につきましても『「勤怠管理簿」シートの入力作業自体には影響がない項目 』となりますので、
「勤怠管理簿」シートへの「勤怠状況」「勤怠時刻・時間」等の入力を行った後に、事後的に入力して頂いても結構です。