『「給与・役員報酬の計上」に係る「会計帳簿」への入力方法』及び『「給与・役員報酬の支払」に係る「会計帳簿」への入力方法』を、下記の事項に従い、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

Ⅰ:給与・役員報酬に係る「計上取引入力」と「支払取引入力」の区分入力

『給与・役員報酬に係る「会計帳簿(会計ソフト)」への入力』につきましては、

『「給与・役員報酬の計算」から「給与・役員報酬の支払」までの「一連の流れ」』のなかで、

・「賃金台帳の作成が完了した段階(「給与・役員報酬の計上取引」が行われた段階)」で、
 「給与・役員報酬の計上取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力する

・「給与・役員報酬を支払った段階(「給与・役員報酬の支払取引」が行われた段階)」で、
 「給与・役員報酬の支払取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力する

という「2段階の入力」が必要となります。

 

給与・役員報酬に係る会計帳簿への入力(給与・役員報酬の計上・支払入力)

 

関連ページのご紹介

・給与・役員報酬の計算から支払までの流れにつきましては、
 ⇒『給与・役員報酬の「計算」から「支払」までの流れ』でより詳細にご紹介しております。

・給与・役員報酬に係る会計帳簿(会計ソフト)への2段階入力の必要性につきましては、
 ⇒『給与・役員報酬に係る「費用計上時期」と「2段階入力」』でより詳細にご紹介しております。

 

 

Ⅱ:「給与・役員報酬の計上取引」の「会計帳簿への入力方法」

上記Ⅰでご紹介させて頂きましたように
『給与・役員報酬に係る「会計帳簿(会計ソフト)」への第一段階の入力』として、

賃金台帳の作成が完了した段階」において、
給与・役員報酬の計上取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力することが必要となりますが、

「給与・役員報酬の計上取引」の「会計帳簿(会計ソフト)への入力」は、以下の手順で行います。

Step1:「賃金台帳」を作成します。

Step2:「賃金台帳」に基づいて『「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」』を行います。

Step3:『「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」』を「振替伝票」により「会計帳簿(会計ソフト)」に入力します。

 

Step1:「賃金台帳」の作成

「給与・役員報酬の計上取引」は、『「給与・役員報酬の計算結果」を反映した取引』となることから、

「給与・役員報酬の計上取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力するためには、

「給与・役員報酬の計算結果」を反映した「賃金台帳」に基づいて入力することが必要となります。

このため、「給与・役員報酬の計上取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力するためには、「賃金台帳」を作成することが必要となります。

 

給与・役員報酬の計上取引・支払取引の会計帳簿入力(賃金台帳)

 

関連ページのご紹介

・弊社では、「支給明細書」から「賃金台帳」を自動的に作成するエクセルシートを下記リンクページで配布させて頂いております。
 ⇒「給与支給明細書&賃金台帳」のサンプル配布

 

 

Step2:「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」

「給与・役員報酬の計上取引」は、

  •  1、「給与・役員報酬の費用計上取引
  •  2、「社会保険料の徴収取引
  •  3、「雇用保険料の徴収取引
  •  4、「源泉所得税の徴収取引
  •  5、「特別徴収住民税の徴収取引

という「異なる内容・性格」をもった「5つの取引複合された取引」となりますが、
「給与・役員報酬の計上取引」は「現金及び預金の入出金を伴わない取引」であることから、この取引の「会計帳簿(会計ソフト)」への入力は、「仕訳の形で入力することが必要となります。

『「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」』は、以下のようなものとなりますが、
『「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」』につきましては、

  • 給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で計上する「仕訳」
  • 給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で計上する「仕訳」

の2パターンがあります。

 

「給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で計上する「仕訳」

『「給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で計上する「仕訳」』は、以下のものとなります。

「賃金台帳」と「給与・役員報酬の計上取引仕訳」との関係~全社ベースでの計上~

 なお、上記の「仕訳」は、
・従業員・役員からの「社会保険料の徴収」を「法定福利費のマイナス」として、
・従業員からの「雇用保険料の徴収」を「法定福利費のマイナス」として取り扱う場合の仕訳となります。

 

「給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で計上する「仕訳」

『「給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で計上する「仕訳」』は、以下のものとなります。

「賃金台帳」と「給与・役員報酬の計上取引仕訳」との関係~個人別計上~

 なお、上記の「仕訳」は、
・従業員・役員からの「社会保険料の徴収」を「法定福利費のマイナス」として、
・従業員からの「雇用保険料の徴収」を「法定福利費のマイナス」として取り扱う場合の仕訳となります。

 

関連ページのご紹介

・「給与・役員報酬の計上取引」の内容につきましては、
 ⇒『「給与・役員報酬の計上取引」の「意義」と「取引内容」』でより詳細にご紹介しております。

・「給与・役員報酬の計上取引」の仕訳につきましては、
⇒ 『「給与・役員報酬の計上取引」の「仕訳」』でより詳細にご紹介しております。

 

 

Step3:「振替伝票」による「会計帳簿(会計ソフト)」への入力

「給与・役員報酬の計上取引」は、「現金及び預金の入出金を伴わない取引」であることから、

「給与・役員報酬の計上取引」の会計帳簿への入力は、

振替伝票」により「会計帳簿(会計ソフト)」に入力することが必要となります。

 

振替伝票のアプリケーション(入力画面)

 

「給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で入力する場合

『「給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で入力する場合』の「振替伝票入力」は、以下のものとなります。

給与・役員報酬の振替伝票入力【全社ベース入力】~例示(振替伝票の入力)~

Point!:「給与手当」「役員報酬」を「給与・役員報酬の計算対象月に計上するために、
『「振替伝票」の「日付」』は、「給与・役員報酬の計算対象月の末日」等で入力します。

 

「給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で計上する「仕訳」

「給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で入力する場合』の「振替伝票入力」は、以下のものとなります。

給与・役員報酬の振替伝票入力【個人別入力】~例示(振替伝票の入力)~

Point!:「給与手当」「役員報酬」を「給与・役員報酬の計算対象月」に計上するために、
『「振替伝票」の「日付」』は、「給与・役員報酬の計算対象月の末日」等で入力します。

 

関連ページのご紹介

・『「給与手当」「役員報酬」を「全社ベースの金額」で入力する場合』の振替伝票への入力方法は、
 ⇒『「給与・役員報酬の計上取引」の「振替伝票入力」』でより詳細にご紹介しております。

・『「給与手当」「役員報酬」を「個人別の金額」で入力する場合』の振替伝票への入力方法は、
 ⇒『「給与・役員報酬の計上取引」の「(個人別)振替伝票入力」』でより詳細にご紹介しております。

・また「給与・役員報酬の計上取引」を効率的に入力する方法として、「伝票辞書機能」を利用して入力する方法がありますが、この入力方法につきましては、
 ⇒『「伝票辞書」による「給与・役員報酬の計上取引」の入力』でご紹介させて頂いております。

 

 

Ⅲ:「給与・役員報酬の支払取引」の「会計帳簿への入力方法」

上記Ⅰでご紹介させて頂きましたように
『給与・役員報酬に係る「会計帳簿(会計ソフト)」への第二段階の入力』として、

給与・役員報酬を支払った段階」において、
給与・役員報酬の支払取引」を「会計帳簿(会計ソフト)」に入力することが必要となりますが、

「給与・役員報酬の計上取引」の「会計帳簿(会計ソフト)への入力」は、以下の手順で行います。

Step1:「給与」「役員報酬」が支払われます

Step2:「給与・役員報酬の支払取引」を

  • 現金支払の場合には「現金出納帳」により、
  • 預金支払の場合には「預金出納帳」により、「会計帳簿(会計ソフト)」に入力する。

 

 

Step1:「給与」「役員報酬」の支払い

「給与・役員報酬の支払日」におきましては、「給与」「役員報酬」が支払われますが、

この『「給与」「役員報酬」の支払』は、

・「現金手渡」「従業員・役員の銀行口座に現金を振り込む」等の「現金」で支払われる場合と、

・「会社の銀行口座」から「従業員・役員の銀行口座」に「預金振込」「自動引落」等の「預金」で支払われる場合とがあります。

 

関連ページのご紹介

・「給与・役員報酬の支払取引」の内容につきましては、
 ⇒『「給与・役員報酬の支払取引」の「会計的な取引内容」』でより詳細にご紹介しております。

・「給与・役員報酬の支払取引」の仕訳につきましては、
 ⇒『「給与・役員報酬の支払取引」に係る「仕訳」』でより詳細にご紹介しております。
  ただし、「給与・役員報酬の支払取引」を会計帳簿に入力する場合には、仕訳の理解は直接的には必要ありません。

 

 

Step2:「会計帳簿(会計ソフト)」への入力

「給与・役員報酬」が、「現金で支払われる場合」と「預金で支払われる場合」とでは、「会計帳簿(会計ソフト)」へ「入力する会計帳簿が異なることから、以下では、

  • 『「現金」により支払われる場合』と
  • 『「預金」により支払われる場合』とに場合分けしてご紹介させて頂きます。

 

「現金」により支払われる場合の「会計帳簿(会計ソフト)」への入力

見出三角(大) 入力する「会計帳簿」の種類

「給与」「役員報酬」が現金で支払われる場合には、

会社の「現金」が支出される減少する)取引となることから、
「給与・役員報酬の支払取引」は、「現金出納帳」を通じて「会計帳簿(会計ソフト)」に入力します。

 

現金出納帳のアプリケーション(入力画面)

 

見出三角(大) 「現金出納帳」への入力

「給与・役員報酬の支払取引」の「現金出納帳」への入力は、以下のようなものとなります。
(なお、下記の例示は、「4月分の給与・役員報酬」を5月20日に支払ったものとなります。)

 

給与・役員報酬の支払取引:現金支払の入力例示(全社合計金額)

 

関連ページのご紹介

・『「給与・役員報酬の(現金)支払取引」の現金出納帳への入力方法』は、
 ⇒ 『「給与・役員報酬の支払取引」の「現金出納帳」への入力』でより詳細にご紹介しております。

 

「預金」により支払われる場合の「会計帳簿(会計ソフト)」への入力

見出三角(大) 入力する「会計帳簿」の種類

「給与」「役員報酬」が預金で支払われる場合には、

会社の「預金」が支出される減少する)取引となることから、
「給与・役員報酬の支払取引」は、「預金出納帳」を通じて「会計帳簿(会計ソフト)」に入力します。

 

預金出納帳のアプリケーション(入力画面)

 

見出三角(大) 「現金出納帳」への入力

「給与・役員報酬の支払取引」の「預金出納帳」への入力は、以下のようなものとなります。
(なお、下記の例示は、「4月分の給与・役員報酬」を5月20日に支払ったものとなります。)

 

 見出三角(小) 都度振込の場合(預金通帳に従業員・役員ごとの支払が記帳される場合)

給与・役員報酬の支払取引:都度振込の通帳記帳

矢印(赤色、下向き)

給与・役員報酬の支払取引:預金支払の入力例示(個人別金額&都度振込の場合)

 

 見出三角(小) 総合振込の場合(預金通帳に支払総額が記帳される場合)

給与・役員報酬の支払取引:総合振込の通帳記帳

矢印(赤色、下向き)

給与・役員報酬の支払取引:預金支払の入力例示(全社金額&総合振込の場合)

 

関連ページのご紹介

・『「給与・役員報酬の(預金)支払取引」の預金出納帳への入力方法』は、
 ⇒ 『「給与・役員報酬の支払取引」の「預金出納帳」への入力』でより詳細にご紹介しております。

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

ここでは「給与・役員報酬」の「計算」から「支払」までの一連の流れの中で、必要となる

  • 「給与・役員報酬の計上取引」の「会計帳簿(会計ソフト)」への入力方法
  • 「給与・役員報酬の支払取引」の「会計帳簿(会計ソフト)」への入力方法

をご紹介させて頂いております。

なお、ここでのご紹介内容につきましては、
それぞれの「会計帳簿(会計ソフト)への入力方法」をまとめたご紹介となっております。

ここで記載されている内容を、より詳細にお知りになりたい場合には、
上記「関連ページのご紹介」の「リンクページ」をご覧頂きますようお願い致します。