ここでは、「令和3年の社会保険料控除額」を自動で計算する自動計算機をご紹介させて頂きます。

 

 

Ⅰ:「令和3年 社会保険料控除額」の自動計算機

 

社員・役員 社員・役員 社員・役員 社員・役員 社員・役員

(1)会社事業所の所在地 」の選択

(2)保険料の徴収方法 」の選択

(3)①健康保険の標準報酬月額 」の選択

(3)②厚生年金保険の標準報酬月額 」の選択

(4)社員・役員の年齢 」の選択

 

アクセント三角(小:背景透明)  健康保険料・介護保険料の控除金額  ⇒ 内訳表示   

アクセント三角(小:背景透明)  厚生年金保険料の控除金額

アクセント三角(小:背景透明)  社会保険料の控除金額合計

 

 

 

 

Ⅱ:入力項目につきまして

1、「会社(事業所)の所在地」の選択

『「(従業員・役員が負担する)健康保険料の計算」に係る「健康保険料率」』につきましては、

都道府県ごとに「その保険料率」が異なるものとなりますので、

 

アクセント三角(小:背景透明) 当該「自動計算機」をご利用頂く場合には、

まず、上記(1)の「 会社事業所の所在地で、

『「会社事業所所在地」の都道府県」』を選択して下さい

 

2、「(従業員・役員が負担する)社会保険料の徴収方法」の選択

『「(従業員・役員が負担する)社会保険料」の計算で生じた「1円未満の端数の処理」』につきましては、

1)「(従業員・役員が負担する)社会保険料」を給与計算で控除する場合には、

「1円未満の端数」が「50銭以下である場合」には「当該端数」を切捨処理し、
「1円未満の端数」が「50銭を超える場合」には「当該端数」を切上処理することになり、

 

2)「(従業員・役員が負担する)社会保険料」を現金で徴収する場合には、

「1円未満の端数」が「50銭未満である場合」には「当該端数」を切捨処理し、
「1円未満の端数」が「50銭以上である場合」には「当該端数」を切上処理することになり、

 

3) 上記とは別に「労使の間で慣習的な取扱い」等の特約がある場合には、

その特約に従って処理することになります。

 

アクセント三角(小:背景透明) 従いまして、当該「自動計算機」をご利用頂く場合には、

上記(2)の「 保険料の徴収方法で、

『 会社が行っている「社会保険料の徴収方法 』を選択して下さい

 

3、「標準報酬月額」の選択

アクセント丸(小:背景透明)「(従業員・役員が負担する)健康保険料介護保険料」につきましては、

「(従業員・役員ごとに決定された)健康保険の標準報酬月額」に基づいて算定され、

 

アクセント丸(小:背景透明)「(従業員・役員が負担する)厚生年金保険料」につきましては、

「(従業員・役員ごとに決定された)厚生年金保険の標準報酬月額」に基づいて算定されます。

 

アクセント三角(小:背景透明) 従いまして、当該「自動計算機」をご利用頂く場合には、

アクセント丸(小:背景透明) 上記(3)①の「 健康保険の標準報酬月額 」で、

『「標準報酬決定通知書」に記載されている「健康保険の標準報酬月額」』を、

 

アクセント丸(小:背景透明) 上記(3)②の「 厚生年金保険の標準報酬月額 」で、

『「標準報酬決定通知書」に記載されている「厚生年金保険の標準報酬月額」』を選択して下さい

 

▶ なお、「標準報酬月額」につきましては別途『 標準報酬月額 』というページで詳しくご紹介させて頂いておりますので、必要がある場合には、当該リンクページを御覧ください。

 

4、「(従業員・役員の)年齢」の選択

アクセント矢印(背景透明)「(介護保険制度の)被保険者でない方40歳未満)」につきましては、

そもそも介護保険料徴収されないため「これらの方に係る介護保険料」を会社で徴収することは不要であり

 

アクセント矢印(背景透明)  また「(介護保険制度の)1号被保険者65歳以上)」につきましては、

年金等から介護保険が徴収されるため「これらの方に係る介護保険料」を会社で徴収することは不要であることから、

『 会社において「介護保険料の徴収が必要となる方 』は、

「(介護保険制度の)2号被保険者40歳以上64歳未満)」のみとなります。

 

アクセント三角(小:背景透明) この点、当該「自動計算機」におきましては、上記を踏まえ、

アクセント丸(小:背景透明)「従業員・役員の年齢」が「39歳以下の場合」や「65歳以上の場合」には、

「(従業員・役員が負担する)介護保険料」は「として計算され

 

アクセント丸(小:背景透明)「従業員・役員の年齢」が「40歳以上64歳以下の場合にのみ

「(従業員・役員が負担する)介護保険料が計算される仕組みになっております。

従いまして、当該「自動計算機」をご利用頂く場合には、

上記(4)の「 社員・役員の年齢 」で、

従業員・役員の年齢」を選択して頂くことが必要となります。

 

▶ なお、この点につきましては別途『「被保険者の年齢」と「給与計算における社会保険料の控除」』というページの『 Ⅱ:「介護保険」における「年齢による加入要件」&「年齢による保険料控除の取扱」』で詳しくご紹介させて頂いておりますので、必要がある場合には、当該リンクページを御覧ください。

 

5、当該「自動計算機」の適用期間

当該「自動計算機」につきましては、

令和3年度の社会保険料控除額」を自動計算するためのものとなりますので、

当該「自動計算機」は、

令和3年 4月支払の給与計算」から「令和4年 3月支払の給与計算」において「控除する社会保険料」を計算する場合にご利用頂くものとなります。

 

6、「都道府県ごとの社会保険料額表」のダウンロードページ

都道府県ごと社会保険料額表」につきましては、

全国健保協会の「令和3年度保険料額表ページ」』からダウンロードすることができますので、必要がある場合には上記のリンクページからダウンロードして頂きますようお願い致します。

 

▶ なお、『「社会保険料額表」の見方など 』につきましては別途『 健康保険・厚生年金保険の保険料額表 』というページで詳しくご紹介させて頂いておりますので、必要がある場合には、当該リンクページを御覧ください。

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

「令和3年度」における「社会保険料の控除額」を計算する場合や確認する場合に、当該「自動計算機」をご利用下さい。

 

「社会保険料控除額の算定方法」のご紹介ページ

「社会保険料の控除額計算」を初めて行われるような場合には、

別途ご紹介させて頂いておりますので、当該ページもご一読頂ますようお願い致します。