ここでは、弊会計事務所が配布させて頂いております『Excel「勤怠管理簿」』の「勤怠管理簿」シートで行われる「日単位の各種労働時間の自動計算内容」につき、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

「日単位の各種労働時間」の自動計算

「勤怠管理簿」シートでは、まず、

「勤怠管理簿」に入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時刻」から
日単位の「勤務時間」が自動計算されます。

また、

見出丸(小:背景ハダ色)法定休日以外の出勤日」におきましては、

「勤怠管理簿」に入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時刻」から
日単位の「時間外労働時間」「深夜労働時間」が自動計算され、

見出丸(小:背景ハダ色)法定休日の出勤日」におきましては、

「勤怠管理簿」に入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時刻」から
日単位の「法定休日労働時間」「法定休日深夜労働時間」が自動計算されます。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):日単位の労働時間の自動計算

 

以下では、この『「勤務時間」「(日単位時間外労働時間」「深夜労働時間」「法定休日労働時間」「法定休日深夜労働時間」の自動計算の内容』を、ご紹介させて頂きます。

 

 

Ⅰ:「勤務時間」の自動計算

「勤怠管理簿」シートにおける「勤務時間では、

出勤日における「勤務時間」が自動計算されます。

出勤日における「勤務時間」は、

①「終業時刻」欄に入力された「終業時刻」から

  •   ②「始業時刻」欄に入力された「始業時刻」及び
  •   ③「各休憩時間」欄に入力された「休憩時間」を

差引計算ことにより算定されます。

 

 

 

Ⅱ:「時間外労働時間」の自動計算

「出勤日」が「法定休日以外である場合(「法定休日等」欄に「法定休日」が入力されていない場合)で、

1日の労働時間が「労働基準法」で定められている「法定労働時間8時間)」を超える場合には、

「勤怠管理簿」シートにおける「日単位 時間外労働で、

日単位時間外労働時間」が自動計算されます。

「日単位の時間外労働時間」は、

①「終業時刻」欄に入力された「終業時刻」から

  •   ②「始業時刻」欄に入力された「始業時刻」及び
  •   ③「各休憩時間」欄に入力された「休憩時間」及び
  •    「法定労働時間8時間)」を

差引計算することにより算定されます。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):時間外労働時間の自動計算

 

見出4 自動計算のための補助計算欄(非表示)                     

当該『Excel「勤怠管理簿」』におきましては、上記の「日単位の時間外労働時間」を自動計算するために、Excelの右側に「時間外労働時間の集計(初期設定では非表示となっております。)を設けております。

「時間外労働時間」の自動計算にあたりましては、
「勤怠管理簿」シートに入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時間」に基づき、
一旦当該「時間外労働時間の集計」欄で「時間外労働時間」が自動計算され、
その結果が「勤怠管理簿」シートの「日単位 時間外労働」欄に自動集計されます。

このため、『「時間外労働時間」についての自動計算過程』を確認したい場合には、Excelの右側に非表示となっている「時間外労働時間の集計再表示してご確認下さい。

なお、当該「時間外労働時間の集計」欄を再表示する場合には、「AA列及びAJ列」を選択して、「AB列からAI列」再表示させて頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):時間外労働時間の自動計算過程

 

見出4 「時間外労働時間」の自動集計の修正につきまして                

当該「時間外労働時間の集計」欄には、「加算調整及び「減算調整が設けてあります。

何らかの事情により自動計算される「時間外労働時間を修正することが必要となる場合には、『「時間外労働時間の集計」欄における「加算調整」欄及び「減算調整」欄』に時間を入力することによりご対応頂けますので、必要がある場合には、これらの入力欄をご利用下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):時間外労働時間の自動計算の調整入力

 

 

Ⅲ:「深夜労働時間」の自動計算

「出勤日」が「法定休日以外である場合(「法定休日等」欄に「法定休日」が入力されていない場合)で、

「労働基準法」で定められている「深夜時間帯早朝0:00~早朝5:00)(深夜22:00~翌29:00)」に労働時間がある場合には、

「勤怠管理簿」シートにおける「深夜 労働時間で、

深夜労働時間」が自動計算されます。

「深夜労働時間」は、

①「勤怠管理簿」シートに入力された『「0:00から5:00」又は「22:00から29:00」までの「深夜時間帯の労働時間」』から

  ②「勤怠管理簿」シートに入力された「深夜時間帯における休憩時間」を

差引計算することにより算定されます。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):深夜労働時間の自動計算

 

見出4 自動計算のための補助計算欄(非表示)                     

当該『Excel「勤怠管理簿」』におきましては、上記の「深夜労働時間」を自動計算するために、Excelの右側に「深夜労働時間の集計(初期設定では非表示となっております。)を設けております。

「深夜労働時間」の自動計算にあたりましては、
「勤怠管理簿」シートに入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時間」に基づき、
一旦当該「深夜労働時間の集計」欄で「深夜労働時間」が自動計算され、
その結果が「勤怠管理簿」シートの「深夜労働時間」欄に自動集計されます。

このため、『「深夜労働時間」についての自動計算過程』を確認したい場合には、Excelの右側に非表示となっている「深夜労働時間の集計再表示してご確認下さい。

なお、当該「深夜労働時間の集計」欄を再表示する場合には、「AJ列及びAS列」を選択して、「AK列からAR列」再表示させて頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):深夜労働時間の自動計算過程

 

見出4 「深夜労働時間」の自動集計の修正につきまして                 

当該「深夜労働時間の集計」欄には、「加算調整及び「減算調整が設けてあります。

何らかの事情により自動計算される「深夜労働時間を修正することが必要となる場合には、『「深夜労働時間の集計」欄における「加算調整」欄及び「減算調整」欄』に時間を入力することによりご対応頂けますので、必要がある場合には、これらの入力欄をご利用下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):深夜労働時間の自動計算の調整入力

 

 

Ⅳ:「法定休日労働時間」の自動計算

「出勤日」が「法定休日である場合(「法定休日等」欄に「法定休日が入力されている場合)には、

「勤怠管理簿」シートにおける「法定休日 労働時間で、

法定休日労働時間」が自動計算されます。

「法定休日労働時間」は、

①「終業時刻」欄に入力された「終業時刻※1から

  •   ②「始業時刻」欄に入力された「始業時刻」及び
  •   ③「各休憩時間」欄に入力された「休憩時間※2

差引計算することにより算定されます。

※1:終業時刻が24:00時以降の場合には、24:00時となります。
※224:00時までの休憩時間となります。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日労働時間の自動計算

 

見出4 自動計算のための補助計算欄(非表示)                     

当該『Excel「勤怠管理簿」』におきましては、上記の「法定休日労働時間」を自動計算するために、Excelの右側に「法定休日労働時間の集計(初期設定では非表示となっております。)を設けております。

「法定休日労働時間」の自動計算にあたりましては、
「勤怠管理簿」シートに入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時間」に基づき、
一旦当該「法定休日労働時間の集計」欄で「法定休日労働時間」が自動計算され、
その結果が「勤怠管理簿」シートの「法定休日 労働時間」欄に自動集計されます。

このため、『「法定休日労働時間」についての自動計算過程』を確認したい場合には、Excelの右側に非表示となっている「法定休日労働時間の集計再表示してご確認下さい。

なお、当該「法定休日労働時間の集計」欄を再表示する場合には、「AS列及びBA列」を選択して、「AT列からAZ列」再表示させて頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日労働時間の自動計算過程

 

見出4 「法定休日労働時間」の自動集計の修正につきまして               

当該「法定休日労働時間の集計」欄には、「加算調整及び「減算調整が設けてあります。

何らかの事情により自動計算される「法定休日労働時間を修正することが必要となる場合には、『「法定休日労働時間の集計」欄における「加算調整」欄及び「減算調整」欄』に時間を入力することによりご対応頂けますので、必要がある場合には、これらの入力欄をご利用下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日労働時間の自動計算の調整入力

 

 

Ⅴ:「法定休日深夜労働時間」の自動計算

「出勤日」が「法定休日である場合(「法定休日等」欄に「法定休日が入力されている場合)で、

「労働基準法」で定められている「深夜時間帯早朝0:00~早朝5:00)(深夜22:00~翌24:00)」に労働時間がある場合には、

「勤怠管理簿」シートにおける「法定休日 深夜労働で、

法定休日深夜労働時間」が自動計算されます。

「法定休日深夜労働時間」は、

①「勤怠管理簿」シートに入力された『法定休日における「0:00から5:00」又は「22:00から24:00」までの「深夜時間帯の労働時間」』から

  ②「勤怠管理簿」シートに入力された「法定休日における深夜時間帯休憩時間」を

差引計算することにより算定されます。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日深夜労働時間の自動計算

 

見出4 自動計算のための補助計算欄(非表示)                     

当該『Excel「勤怠管理簿」』におきましては、上記の「法定休日深夜労働時間」を自動計算するために、Excelの右側に「法定休日の深夜労働時間の集計(初期設定では非表示となっております。)を設けております。

「法定休日深夜労働時間」の自動計算にあたりましては、
「勤怠管理簿」シートに入力された「始業時刻」「終業時刻」「休憩時間」に基づき、
一旦当該「法定休日の深夜労働時間の集計」欄で「法定休日深夜労働時間」が自動計算され、
その結果が「勤怠管理簿」シートの「法定休日 深夜労働時間」欄に自動集計されます。

このため、『「法定休日深夜労働時間」についての自動計算過程』を確認したい場合には、Excelの右側に非表示となっている「法定休日の深夜労働時間の集計再表示してご確認下さい。

なお、当該「法定休日の深夜労働時間の集計」欄を再表示する場合には、「BA列及びBJ列」を選択して、「BB列からBI列」再表示させて頂ますようお願い致します。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日深夜労働時間の自動計算過程

 

見出4 「法定休日深夜労働時間」の自動集計の修正につきまして            

当該「法定休日の深夜労働時間の集計」欄には、「加算調整及び「減算調整が設けてあります。

何らかの事情により自動計算される「法定休日深夜労働時間を修正することが必要となる場合には、『「法定休日の深夜労働時間の集計」欄における「加算調整」欄及び「減算調整」欄』に時間を入力することによりご対応頂けますので、必要がある場合には、これらの入力欄をご利用下さい。

 

サンプル勤怠管理簿(勤怠管理簿シート):法定休日深夜労働時間の自動計算の調整入力

 

 

税理士事務所・会計事務所からのPOINT

ここでは、弊税理士事務所が配布させて頂いております『Excel「勤怠管理簿」』における「勤怠管理簿」シートで行われる

  • 「勤務時間」の自動計算
  • 「時間外労働時間」「深夜労働時間」の自動計算
  • 「法定休日労働時間」「法定休日深夜労働時間」の自動計算

の内容をご紹介させて頂いております。

「日単位の勤務時間や各種労働時間の自動計算」がどのように行われるかを確認しておいたいと思われる方は、当該ページを是非一読して頂きますようお願い致します。
(なお、『Excel「勤怠管理簿」』の配布は、『Excel「勤怠管理簿」の配布』で行っております。)

 

当該ページでご紹介させて頂いている自動計算の内容

なお、当該ページでは、『「日単位の勤務時間や各種労働時間」の自動計算』について「原則的に行われる計算内容」をご紹介させて頂いております。

弊税理士事務所が配布させて頂いております『Excel「勤怠管理簿」』につきましては、

「終業時刻」が「24:00時を超える場合」の「2暦日連続勤務」の場合には、
・上記で行われる「原則的な自動計算」の他、
・「2暦日連続勤務に特有の自動計算」がなされるものとなっております。

この『「2暦日連続勤務」において行われる「特有の自動計算」の内容』につきましては、
別途『「2暦日連続勤務の場合」の「各種労働時間の自動計算」』で詳しくご紹介させて頂いておりますので、
『「2暦日連続勤務」において行われる「特有の自動計算」の内容』をご確認頂く場合には、当該リンク先のページを一読頂ますようお願い致します。